神社と陶器のまち笠間(作成予定)

神社と陶器のまち笠間

笠間日動美術館

国内洋画家たちの作品やヨーロッパの印象派などの作品の他,有名画家による貴重なパレット画や自画像が数多く所蔵されています。また、ミュージアムショップ、ミュージアムカフェも併設されており、オープンテラスからは美しい眺望を楽しめます。※うぃーくえんど茨城

笠間稲荷美術館

日本三大稲荷の一つ「笠間稲荷神社」 その奥に「笠間稲荷美術館」があります。昭和56年(1981)3月に開館され、付属の建物として収蔵庫・休憩所があります。信楽をはじめ常滑・瀬戸・越前・丹波・備前の中世六古窯の古陶器が常設展示されています。※うぃーくえんど茨城

笠間市立歴史民俗資料館

宍戸小学校前に歴史を感じさせる建物の笠間市立歴史民俗資料館。旧宍戸町役場の庁舎だったそうです。館内は、市内の遺跡から出土した考古資料、民俗資料などを分野別に展示しています。※うぃーくえんど茨城

田中嘉三記念館

田中嘉三の14歳から58歳までの画業の足跡を展示しています。日本美術院展の出品画・入選画及び模写・スケッチ・愛読書など見ることができます。どれも大作で、目の前で見る作品は圧巻です。※うぃーくえんど茨城

石の百年館

「石の百年館」という名称には、先人たちが100年以上にわたって築きあげた稲田地区の採石の歴史を広く後世に伝え、未来へ向けて100年先の発展につなげたいという願いが込められているそうです。建物の印象的な外壁は、結城紬にも見られる日本伝統の「杉綾文様」でデザインされ、稲田石の加工技術の高さを物語っています。館内には、稲田石にまつわる貴重な資料がわかりやすく解説・展示されています。※うぃーくえんど茨城