ガルパンのまち大洗(作成中)

大洗町未公認PRサイト
ガルパンのまち大洗

大洗町公式HPへアクセス

地名の由来

もともと町名の由来ともなった大洗というのは、大洗磯前神社付近の特定の地区を指す地名でした。神社の森を大洗山と呼び、その下の奇岩怪石の発達した海岸を大洗岬、あるいは大洗下と呼びました。※大洗の郷土史より

大洗プロフィール 観光いばらきより

茨城県の太平洋岸のほぼ中央に位置する大洗町。ゆるやかな浜が続くビーチは海水浴やサーフィンのメッカとなっており、県内屈指の海のレジャースポットです。サメの飼育数は日本一を誇る大型水族館・アクアワールド大洗や大洗マリンタワーなど観光スポットも多数あり、家族連れで年中にぎわいをみせています。また「大洗」という記述は平安時代の文献にも見られるほど歴史は古く、大洗磯前神社や願入寺など歴史ある寺社仏閣や東北地方と江戸を結ぶ水運の中継地として街も栄えてきました。現在も日本三大民謡のひとつである「磯節」が伝承されていたり、八朔祭など伝統的な祭りにその名残が残っています。 四季折々で豊かな海の味覚を楽しむことができ、はまぐりや牡蠣、あんこうなどが名物になっています。

※アンダーラインの文字や写真をクリックするとリンク先にアクセスします


◆イベント情報◆

大洗農産物まつり
日時 12月中旬
場所 大洗町成田町(JA水戸大洗付近)

大洗町年間イベントスケジュール

 

風 景

 

シンボル

町章
大洗町の町章は「大洗」の大の字を図案化したものであり、先端に象徴である波頭をつけたものである。
町の花 つつじ
日本古来から人々に愛され、当町では昔から山野に自生し、庭先にも栽培され、その豊かな花色は人の心に安らぎを与える。
町の木 松
常陸の緑は変わらぬ操を表し、群生しては防風、防潮のはたらきをなし美しい景観をつくっている。樹齢は永く、その品位と風格は海の町の象徴である。
町の鳥 かもめ
飛翔力が強くその姿も優美で、海をひらいて躍進する町のマスコットである。

大洗名物

大洗海水浴場

大洗海岸は、岩と岩に囲まれた海水浴場で、自然の海水プールのようになっています。水の透明度が高く、県下有数の海水浴場として知られ夏場にはたくさんの人でにぎわいます。また、磯釣りのポイントとしても有名です。
※町公式HP

大洗サンビーチ海水浴場

大洗サンビーチは、遠浅で澄んだ水と白砂青松が続く美しい海岸で、家族連れに人気の海水浴場です。
大洗マリンタワーを見ながら海水浴ができます。
また、4月から10月までは地曳網も楽しめます。

アクアワールド大洗

世界の海と自然に触れ合える、巨大水族館!
日本一のサメの飼育数を誇り、マンボウやラッコなど約580種68,000点の世界の海の生物に出会うことができる水族館です。
人気は1日4回開催される「イルカ・アシカオーシャンライブ」。バックに大洗の海を望めるホールで、ユーモラスなアシカやダイナミックなイルカの演技が繰り広げられます。※観光いばらき

幕末と明治の博物館

大洗の美しい海に近い、緑の松林に囲まれた高台という恵まれた自然環境のなかに「幕末と明治の博物館」はあります。当館は幕末の志士であり、のちに宮内大臣になった田中光顕[たなか みつあき]伯爵によって昭和4年に創立され、80年以上の歴史をもっています。※公式HP

大洗マリンタワー

大洗のシンボル『大洗マリンタワー』。高さ60mの眺望はまさに大パノラマ。目の前には、太平洋の大海原が広がり、遠くには富士山、日光那須連山、筑波山が望めるという大展望塔。日が落ちると海岸線を彩る美しいイルミネーションが光の海に変ります。※町公式HP

町民の常識

水族館!海水浴場!
アウトレットモール???
昔は室蘭行きのフェリーがあったことを覚えてる人は少ない。
元阪神タイガースの井川の出身地
※デーブ大久保を忘れないで下さい
由緒正しいビーチリゾート
微妙な高さのマリンタワー
アニメの舞台になって、「聖地」の仲間入り。
全長7.6kmの超巨大学園空母も来るらしい。

大洗生まれ

磯節

名産&特産物&おみやげ

明太子
ある

特産品

たくさんとくさん(大洗町)

パワースポット

大洗磯前神社

Facebook

Twitter

大洗観光協会

大洗美術館
大洗海岸
めんたいパーク大洗
大洗マリンタワー

大洗わくわく科学館
大洗サンビーチ海水浴場
大洗サンビーチキャンプ場
ゆっくら健康館
磯浜海防陣屋跡
磯浜古墳群
県指定史跡 車塚古墳
大洗磯前神社
幕末と明治の博物館
アクアワールド茨城県大洗水族館
願入寺開基堂資料館
水戸八景 巖船夕照
夕日の郷 松川