かみね動物園 はちゅウるい館の写真^^

日立市かみね動物園入口

はちゅウるい館案内

鵜の宿舎

反対側に象も見えます。

はちウるい館正面

入口は2階にあります。

ゾウガメ

太平洋の見える動物園

海がきれいに見えます^^

吹き抜け

ビルマニシキヘビ(2階から)

ミルキスネーク

中南米の森
イグアナとリクガメと小型のサルの仲間コモンマーモセットが一緒に暮らしています。

ヨーロッパアシナシトカゲ
初めて出会ったときの衝撃をみなさまにもお伝えしたいと個人的にどうしても入れたかった爬虫類です。
一見ヘビのように見えますが目蓋が閉じる、耳の穴があるなどしっかりとトカゲの特徴を持っています。
トカゲの尻尾切り(自切)もします。

クチヒロカイマン
みなさまお待ちかねのワニ!静岡県にある熱川バナナワニ園からやってきました。陸上で日光浴をしたり、水にプカプカ浮いたり、様々な動きを見せてくれます!寿命は50年以上といわれているので、末永いお付き合いをよろしくお願いします!

 

下着泥棒

下着泥棒

それは、魔女②が短大の時だった。ある日、魔女②の友人達が、泊まりで遊びに来た。魔女②は友達たちが来たので、ベランダに干しておいた洗濯物を取り込むのを忘れてしまったのである。
朝(7時)になって魔女②が「ベランダに干しておいた下着がない」と騒ぎだした。
親分の家のベランダに、外階段があるが、昇れば、絶対音がするはずだし(鉄製・うるさい)
しかも、干した場所は魔女②の部屋の窓(兼ドア)の真ん前。
数人の人間がいる前で、下着を盗めるだろうか?←カーテンはしまっていました。
家族「風じゃない?」
魔女②「だって、友達の一人が6時に帰った時には、あったよ!絶対おかしいよ」「風だと思わせて、お母さんの下着も取ったんじゃないのかなー?お母さんの下着は下に捨ててあった」と言うので大笑い^^
さらに「その時宿屋の女将が私も魔女たちみたいな小さい可愛い下着を買ってやる!」と言ったと言うので、さらに大笑いしました^^

えー東京の気温が46℃!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E6%B8%A9
東京(当時の中央気象台)では1923年9月2日に46.4°Cまたは46.3°C(47.3°Cとも)を観測しているが、これは関東大震災の火災の影響によるものであり、公式な記録としては認められていない。東京の公式記録における当日の最高気温は28.4°Cである。

えっ!ミグ29が1機1ユーロ?

旧東ドイツ時代に買ったミグ29 24機が、統一ドイツ空軍(旧西ドイツ主流)に編入されましたが、2005年に退役になり、そのうち23機がポーランドに1機1ユーロで売却されていた!
安い、安いぞー!プラモより安い!親分も欲しいよー ミグ29^^ 1ユーロなら親分でも買えるぞー^^
あっ!でも輸送費がない…維持費もない…置くとこもない(飛行場)><←こっちはお金持ちでも払えない…

※但し売却されたミグ29の改修とかをドイツが請け負う契約になっていて、ドイツにとっても損はないような契約になっているそうです^^

※Wikipediaより
ドイツ連邦共和国では、東西ドイツ統一後に、東ドイツが導入していたMiG-29を24機保有するに至り、数少ない西側諸国が保有する東側戦闘機として各国との共同訓練に頻繁に参加させていた。同国のMiG-29Aは、NATO規格のMiG-29Gに改修されたものもあり、同様にいくつかのMiG-29UBはMiG-29GTに改修された。しかしながら、部品供給の問題、低い稼働率、そして、ユーロファイター タイフーンの導入により同国のMiG-29はすべて2005年に退役となり、そのほとんど(23機)は、破格値(1機1ユーロ)でポーランドに売却されたが、その代わりポーランドは運用する機体の「西側化」(NATO規格への改修)をドイツに発注する契約になっており、ドイツにとっても利益のある取引となっている。

楽天電話で大失敗><

親分のスマホは楽天電話で10分までかけ放題の契約をしていたので、料金はほぼ毎月同じと思っていました…
ところが!
確定申告のためクレジットカードの引き落とし料金を調べてみたら異常に電話代がかかっている!
えーうそー10分以上の電話なんかそんなにしたっけ???
納得がいかないので、ネットで検索してみたら…
折り返しで電話すると楽天電話ではなく普通に電話代がかかるとのこと!
がーん><
クレジットカードの履歴をみない親分も悪いが、そんな大事な事は
おーきく注意書きを書いておけ!

思った勇者親分でした…
またまたビンボー勇者の親分は無駄に2万円を失ったのであった!

 

だから言ったのにー><

勇者親分の過去記事(思い出より)

普段から、あれ球の親分は、打者だけではなく捕手からも恐れられていた。(当時普段はショート)
たまに捕手をする従弟のコーイチが、親分が投げる時、捕手をやるなら「プロテクターを買ってくれないとやらない」と言いやがった!
頭にきたが、お人よしの親分は、コーイチのために仕方なくプロテクターを購入したのであった。
そして、プロテクターを購入してから始めての試合の日←折笠グランド
その日は捕手に、タニカワさん(現監督)が入ったので、プロテクターは使わなかった。(ビニールに入ったまま)
しかし試合中に、二塁打を打ったタニカワさんが、足をつってしまい急遽サードのコウイチが捕手をやる事になった。「ほれコーイチ約束のプロテクター」と渡そうとすると、コーイチは「そんなのいらねー」とレガーズだけつけて守りについた。←わざわざ買いに行ったのにとムカつく勇者


その時である。親分の投げたど真ん中の直球がバットをかすめ、コーイチのみぞうちにめり込んだ…「ぐえー><」と苦痛をあげるコーイチ…構えたまま動けない><呼吸が止まったらしい…みんなで心配したが、数分後試合は再開となった。
でもコーイチは試合が終わっても苦しんでいたのであった。

「だからプロテクターをしろ!」って言ったのに、折角買った物を使わなかった方が悪い!

PS

あとでコーイチに聞いたが、バットをかすめた瞬間とっさにミットを下げてしまったが、ボールは落ちずそのままめり込んだらしい。「あんな苦しい思いをしたのは始めてだ」と言っていた。