いたずら電話②

勇者親分2008-09-15 13:14:04の記事

それは昔々の話だった!←まだ携帯の普及してない頃
親分がパチンコから帰ると、魔女②が「お兄ちゃん、知らない女の子から電話があったよー」と言う。
心当たりの無い親分は「どーせ営業の電話だろう」と無視した!
そーしたら、また翌日(だっけ?)に電話。
女の子「○だよ○覚えている?」
心の声「○ちゃんは三人いるし、声に聞き覚えが無い。誰だろう???」
相手が、覚えてる?覚えてる?と、しつこく聞くし、別な女の子が出て「私は×だよ×覚えている?」←これも多い名前
と、聞くので、「うっかり、どこの○ちゃん?」と言ってしまった…
笑い声とともに電話の主が代わり
「ぶっちゃんって○ちゃんって名前の女の子そんなに知ってるんだ?」(笑)
ぐえーとしみつ(友達の弟)だ!
余計な事を言ってしまった><
そーだ!この前一緒にスキーに行った友達の行きつけの店の女の子だった!
完全に忘れていた><←てか店とスキー場の二回しか会っていない
いたずら電話の犯人は、やす(友達)と、としみつだった><
それから、としみつといくお(友達)に会うたび
ぶっちゃんは、○ちゃんって名前の女の子いっぱい知ってるんだよねー?
とからからわれる始末…
ぐえー><
いたずら電話に、引っ掛かって、うっかり余計な事を言ってしまった勇者親分でした…

懐かしい思い出です^^