青柳夜雨の写真^^

「水戸八景」のひとつを示す石碑で、万代橋の近くにあるシダレヤナギの下に、「青柳夜雨」と刻まれている。「水戸八景」は、水戸藩主・徳川斉昭が選んだもので、この地は、「雨夜更に遊ぶ青柳の頭(ほとり)」と漢詩に詠われている。近年、那珂川の堤防が高くなり川面は見えないが、往時は堤防も低く、そぼ降る雨の川が望めた。なお、それぞれ八景の地には、1834年に斉昭自筆の文字を刻んだ碑が建てられ、現在残る八景の碑はいずれも当時のもの。いつもNAVIより